Dorianoのヒストリー | BIXXIS Japan

Dorianoのヒストリー

クロモリおよびチタン製バイクフレーム製作で長年の経験と実績、評価を誇るDoriano De Rosaは2015年に娘のMartinaと共にBIXXISをスタートします。

はじまり

Dorianoがミラノ郊外の町Cusano Milaninoにある父の工房で働き始めたのは1975年、まだ14歳になったばかりの頃でした。

Doriano De Rosa in officina a 14 anni

当時のことを詳しく知るため、Dorianoの話しを聞いてみよう。

この時代はフレーム作りにおいて、材料はスチールしかなかった。チューブを組み付けて溶接する、それが唯一のフレームの作り方だ。
経験の無い私に、はじめ父はヤスリがけ作業しかやらせてくれなかった。だから、毎日ヤスリがけばかりやっていたよ。
慣れない手つきで初めて溶接に挑戦したのは1977年だった。それから技術を学び、1年後には初めて自分でフレームを作った。

父のもとには並み居るプロロードレーサーが毎日のようにやってきていた。Ugoの指導を受けたDorianoは程なくして、彼らが求める厳しい要求を理解し、それに応えて満足させるようになる。この期間がプロのフレーム職人としてのDorianoの修行と成長、円熟の時代だったといえる。

オッフィチーナにはこの時代の一流の“プロ”が数多く通っていた。実は私は始め、どうして彼らが父の工房に押しかけてくるのかよく分かっていなかったんだ。父が一体何者なのか、それを理解するのにしばらく時間がかかった。
プロレーサーの彼らは皆、優れた職人が作る特別なフレームを求めていた。
このような環境の中で蓄積された経験は、金属加工や溶接のような、単なる技術面に限らず、ジオメトリー(フレームのチューブなど各部の寸法やアングルの最適な数値を導き出すecc)などフレームビルダーという職人の貴重なノウハウであった。実際に、その専門的技能や知識によって、オーダーメイドのフレーム製作という職業で十分生計が立つ程のものであった。

進化

 

フレームビルダーとしてのDoriano個人の熟達と同時に、バイクフレーム作りを取り巻く技術の進歩、そして市場の変化も進んでゆく。
80年代の終わり頃、これまでのろう付け溶接に加えてTIG(タングステン・インサート・ガス)溶接が登場する。

この頃、フレーム製作に大きな技術革新があった。TIG溶接でフレームの更なる軽量化が可能になり、またジオメトリーもこれまでとは異なるものになってきた。
これは、スチール製フレーム作りをいつも愛する私にとって特別な意味があった。

スチールという素材は生きている。フレーム作りのあらゆるアイデアに呼応し、プロダクトに生命を与えてくれる。 Steel is realだ。

 

スチールという素材に魅了されたDorianoが、そこに新たな技術革新の可能性を見いだせばそれに興味を抱かないはずがない。後の10年間はアルミやチタンなどのスチールの新素材が台頭する時代だ。

続いて、90年代のはじめに新たな素材が出てきた。とりわけチタン合金が普及しはじめたことは重要な転機だったと言える。もちろんこの素晴らしい新素材でフレームを作ってみたいと考えたよ。 しかし、その道のりは決して甘いものではなかった。何しろよくわからない未知の素材だ。でも、チタンにとても興味を惹かれたんだ。
信じられないような特性を有している。バイクフレームに適した実に魅力的な素材だった。

チタンという魅力的な新素材に、Dorianoはまるで“彼自身“を反映する価値を見出すかのように強い関心を示し、個人的な研究を続ける。この新素材を制することは、これまでの経験を昇華させ、更なる高みを目指す。それはDorianoにとってのチャレンジでもあった。

クロモリフレーム製作には父から教わった知識が私のベースになっている。チタンが登場し、今度は私がノウハウを手に入れ、寄与する番だった。
何度も失敗したし、徹夜で研究に明け暮れることも多かった。そうしている間に、少しずつチタンという素材を理解しはじめた。
“フレーム製作の前に何に注意するべきか?” “溶接の時に気をつけることは?”など。
パイプの形状や厚さ、CNC旋盤加工によるフレームの細部についても研究した。
チタンによるフレーム製作では設計が何よりも重要な製作段階だ。これを知ることができたのも苦労して研究した成果だよ。
この頃は苦労も多かったが、とても充実していた。
そして、ここから新たなページを開く・・・
>

新たなる冒険

 

21世紀を迎え、Dorianoは自身が進むべき道、未来の方向性を思案し続ける。 羅針盤が彼に示したのは、自分の原点に立ち返るというピュアな願いを全うすることだった。
BIXXISはこうして生まれた。

原点に立ち返りたかった。 それはバイクフレームを作り続けたいというシンプルな願いだ。
スチールという私が愛する素材でフレームを作る、この情熱に更なる火を点け、羅針盤のように導いてくれるもの。

BIXXISとは”Biciclette Italiane per il XXI Secolo”(21世紀のためのイタリアの自転車)の頭文字だ。BIXXISはアルティジャナリタ(職人性)を象徴している。すなわち、しっかりした良いモノ、長年愛され、利用されるモノをつくること。

容易い道ではないかも知れない。この世の中に容易なものは何ひとつ無いのだ。
しかし、そこには情熱と楽しみが待っている。

 

これがDorianoのヒストリーです

イタリアではSeregnoのBIXXISのオッフィチーナで、日本ではBIXXIS JAPAN SHOPで皆さんをお待ちしています。
お問い合わせはこちら.