Category Archives: news

Home / Archive by category "news" ()

イタリアにおける新型コロナウィルス感染拡大の影響

イタリアでの新型コロナウィルス感染拡大による状況は、昨日3/29(日) 新たな感染者+3.815(合計73.880) 
死亡+756(合計10.779)
 感染者数、死者数ともにここ数日で最も低い伸びを示し、拡大鈍化方向に向かいつつあると考えられることが幸いです。

感染が集中している北部ロンバルディア州には BIXXISの他、多くの自転車メーカーがありますが、ここでの死者数が前日の水準を大幅に下回りました。

一方で、イタリア政府は4月3日までとなっている移動制限措置を延長する可能性が高いとみられています。
BIXXISは現在、工房での生産を休業していますが、この状況は少なくとも4/15日まで続く予定です。
そのため、納期の遅れが生じ、皆様にご迷惑をおかけしております。
現時点でも、イタリアの都市封鎖前(3/9頃)にマルティーナが出荷した荷物がまだ到着していません。また、既にオーダーを賜りましたお客様の、現在製造中のフレームに関しても、予定していた納期に遅れが生じることが予想されます。
納期について、操業再開後になるべく早く作って欲しい等、ご要望、相談がありましたら承りますので、お申し付けください。

クロモリのニューモデルBIXXIS EPOPEA(エポペア)を発表。特設ウェブサイトをオープン

イタリアンハンドメイドバイシクルブランドのBIXXIS、クロモリのニューモデルEPOPEA(エポペア)を発表。特設ウェブサイトをオープン。 原点回帰のラグドフレームで、偉大な自転車職人の父から学び受けたロードバイク作りの遺産と伝統の継承を目指すドリアーノ・デローザの新作を、東京・上野の老舗「横尾双輪館」が専売モデルとして取り扱い開始。

クロモリラグドフレーム+スレッドフォークのニューモデルEPOPEA(エポペア)を発表。あわせてEPOPEA特設ウェブサイトをオープン。
今週末開催の「ハンドメイドバイシクル展2020」(1/25・26東京:科学技術館)で実車を展示し、受注を開始します。

 

COLUMBUS社の名作クロモリチューブセットSLXの復刻版を採用したラグドフレームのEPOPEAは、ドリアーノ・デローザにとって、ろう付けで製作した初めてのプロダクトとなります。 これに1インチのスレッドフォークを組み合わせるBIXXISの新作は、オーソドックスなヴィンテージ風クロモリフレーム然としているが、そこには作り手ドリアーノの毅然とした決意と、力強いメッセージが込められています。

EPOPEAを世に出すことで、彼が望むのは、最も尊敬する師匠にして父であり、また彼自身「我こそが、これまで父から学び授かったものを受け継ぎ、守ってきたのだ」と自負する、ウーゴ・デローザの功績を称えるストーリーを語り継ぐこと。 そして、手作りによるバイシクルフレーム製作や、そこに向けられた職人の魂と情熱、それゆえの質の高いものづくりと言った、父が築き上げ、ドリアーノが学んできたもの、すなわち自転車職人としての自身の根幹たる遺産や伝統を継承してゆくという彼の決意をより具体的に示しています。それこそが、EPOPEAに込められたドリアーノ・デローザのメッセージです。

 

EPOPEAの発売を記念して特設ウェブサイト「EPOPEA -Grande ritorno di bici italiane-」がオープンしました。ドリアーノ・デローザ、マルティーナ・デローザの自転車作りへの情熱があふれるBIXXISのニューモデル、EPOPEAを体験してください

 

 

 

EPOPEA特設ウェブサイト「EPOPEA -Grande ritorno di bici italiane-」

www.bixxisepopea.com

 

ハンドメイドバイシクル展2020に出展します

1/25・26
ハンドメイドバイシクル展2020出展
ならびに1/26(日)BIXXISファンミーティング開催のお知らせ



BIXXIS JAPANは今年もハンドメイドバイシクル展に出展いたします。
ドリアーノ・デローザとマルティーナの来日で多くの来場者の注目を集めた昨年。

2020年の今年、BIXXISは
「Grande ritorno di bici italiane」(グランデ・リトルノ・ディ・ビチ・イタリアーネ)

「イタリアンバイクの復権」をテーマに掲げています。


BICICLETTE
 ITALIANE PER IL XXI SECOLO(21世紀のイタリアンバイシクル)の頭文字をとるこのブランドが、自らに課せた目標により具体的に取り組みます。
その幕を開けるのが、ニューモデル「EPOPEA」1年前のプロトタイプのお披露目依頼、多くのファンが待望するBIXXIS初のラグドフレームをハンドメイドバイシクル展で正式発表します。


 ドリアーノが父から自転車づくりのイロハをひたむきに学んでいた若かりし日々。80年代はまだTIG溶接によるフレーム製造の技術が確立されておらず、当然ドリアーノも、フレームビルダーとしての原点はロウ付け溶接によるフレーム製作です。

 職人として円熟した現在、「原点回帰」とも言えるこのフレーム製作に着手したドリアーノ。彼のこの”挑戦”は、まるで敬愛する父へ向けた敬意や、その偉大な遺産を継承する息子としての誇り、また、その伝統を将来につなげるという自らの決意を我々に伝えるメッセージのようです。

輝かしいイタリアの伝統は次の世代を担う者たちによって継承され、
英雄譚は21世紀の現代、そして未来まで語り継がれてゆく。


EPOPEA by Doriano De Rosa


ハンドメイドバイシクル展での初対面をお楽しみください。

 

『ハンドメイドバイシクル展』 開催概要

開催期間: 2020年 1月25日(土)・26日(日)

時   間: 【1日目】9時30分~16時50分 【2日目】 9時30分~16時30分
会   場: 科学技術館 1F催物場 <入場無料>
主   催:一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター
出 展 社 : 計 52社 

主催者広報ページ http://urx.space/zV32

1/26(日)
ファンミーティング開催のお知らせ

『ハンドメイドバイシクル展』2日目となる1月26日
イベント終了後18時30分から。
場所は四谷三丁目の老舗イタリアン「ラヴィータ」
同イベント会場の科学技術館からはおよそ4kmの距離に位置し、地下鉄九段下駅からは20分程度でいける便利な場所にあります。

ニューモデル「EPOPEA」など、ハンドメイドバイシクル展での展示車両を会場でも展示するほか、ドリアーノ、マルティーナにはイタリアからオンラインで出演してもらいます。彼らとの交流もお楽しみください。

同店オーナーシェフ須田氏に、BIXXISにゆかりのあるモンツァ・エ・ブリアンツァ地方の郷土料理または、ドリアーノとマルティーナの好物料理を準備していただく予定です。

会場:ラ・ヴィータ( 東京都新宿区四谷3丁目4−9)

日時: 2020年 1月26日(日)

時間:18時30分~
会費:5,000円(ドリンク別)


※参加申し込みは以下のフォームより送信してください